トップページ

トピックス

  • 待矢場両堰土地改良区の灌漑期が5月6日から始まりました。配水計画により取水量には上限が定められています。限られた用水ですので、みなさんで協力し合い、大切に使いましょう。
  • 未だ新型コロナウイルスの終息がみえません。感染対策として行われている密集・密接・密閉の回避、マスクの着用、まめな手洗い、咳エチケット、身体的距離の確保など、常に意識していなければならない生活が続いていますが、その積み重ねが感染を終息させる第一歩だと思います。

用水路やため池で遊ばないでね!!

  • 5月から9月まで農業用水路には多くの水が流れています。小さな水路であっても水の流れの早いところがあります。また、最近の異常気象により局所的に大雨になると、雨の降っていないところでも上流から流れ込む水で、急に増水するようなこともあります。普段は静かな水路やため池であっても子どもたちが近づいたり、遊んだりしないよう注意してください。

水路にゴミを捨てないで!!

  • 近年では、ペットボトルやビニール袋などのゴミが大変多く捨てられています。水路には田んぼへ用水を引くための堰や取水口が設置されており、そうした所にゴミが詰まると農地に水を引くことができなくなるばかりでなく、雨が降った際に、水を溢れさせる原因ともなります。また、水質が悪化し異臭を発生させる可能性もあり、地域環境に悪い影響を与えてしまいます。 地域の環境を、みなさんで守っていけるようご協力お願いします。
  • 水土里ネットまちやばでは、農業用水の大切さを地域のみなさんに理解して頂けるよう、日々努力をしています。また、看板を作成し、きれいな水路を守っていただけるよう呼びかけを行っています。

こんな取り組みもしています

  • 多面的機能支払交付金事業に取り組む組織の事務受託をしています。
  • ヘッダーイメージ
  • 待矢場両堰土地改良区が管理している幹線水路の除草作業(団体)に支援金を交付しています。
  • ヘッダーイメージ